吉川霊華展 ~近代にうまれた線の探究者~

 2012年7月28日(土)
 地元の府中市美術館の次に多く訪問している私のお気に入りの美術館「東京近代美術館」がリニューアルのため休館になる(3カ月程度ですが)・・ということで、休みに入る直前に行ってきました。開催中の特別展は「吉川霊華展」。

吉川霊華展

 


 吉川霊華・・・失礼ながら全く知りませんでした。細い線を丁寧に重ねていく画法が特徴で、描くというよりも紡ぐといった表現の方が合う気がしました。
 伊勢物語のような古典文学や、中国の説話や詩、あるいは仏画などを描いた作品が多かったですが、平安美人のような長い日本髪の美しさは、この描き方であるからこそ表現出来るのではないかと思いました。先に描きたい作品ありきで線で描くことにしたのか、あるいは先に線で描く画法を生み出し、それに合う画材として古典等を選んだのか?

香具耶姫昇天 竹取物語

香具耶(かぐや)姫昇天 竹取物語

藐姑射之処子

藐姑射之処子(はこやのしょし)

 「神龍」という巨大な作品が大迫力だったのですが、あまりに大きいので(天井画だとか)展示室の高さが足りず、斜めに寝かされる形で展示されていたのがちょっと残念。
 他の作品はどれも繊細なのですが、その分インパクトは弱いので、他の画家の作品の中で展示されていても、あまり印象に残らない気がします。実際に「過去に見たことはあるけれど、記憶に残っていない」という作品もあるのかもしれません。それだけに、吉川霊華の作品ばかりを集めた今回の企画は、その作品の素晴らしさを発見する機会を与えてくれる良い試みだと思いました。

コメントはまだありません。

    コメントフォーム

    post date*

     日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: