任国外旅行 マダガスカル(1) ~ レッドツィンギーとグランド・ツィンギー ~

 ここまで職場の出勤日は皆勤で働いて来ましたが、赴任1年を前に初めて休暇を取りマダガスカルへ行ってきました。
 青年海外協力隊で任国外旅行先としてマダガスカルに渡航出来るのはモザンビーク隊のみなのですが、シニア海外ボランティアにはその縛りがありません。
 マダガスカルを選んだ1番の理由は「ツィンギーが見たい!」。以前に写真で見て以来、機会があれば行きたいと思っていた「ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区」。世界遺産にも登録されています。バオバブで有名なムルンダバから4WDで8時間くらい、ただし乾季でないと行けません。ということで、3月くらいから「6月に休暇を取るからね!」と職場で言い続けて日程調整し、乾季になるのを待っていたのですが・・・。
 
 JICAボランティアの任国外旅行には制限事項が多く、旅行の1ヶ月前までに旅行計画書を提出し現地事務所の承認を得る必要があります。そこで、計画書を作成し申請した所、不許可。安全上の理由でツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区は渡航禁止とのこと。パックツアーにも普通に組み込まれている所で特に治安が悪いという話も聞いていないのですが、厳し過ぎです。まあ、僻地なんで何かあった時にサポート出来ない、といった理由かもしれませんが・・・。多分、黙って行ってしまってもバレないでしょうが、万一何かあった時に他の隊員等に迷惑をかけてしまう(制限が更に厳しくなってしまう等)ので泣く泣く計画変更、代わりにもう一つのツィンギーのある最北端のディエゴスアレス周辺(こちらは渡航OK!)へ行くことにしました。
 
 こちらのツィンギーはツィンギ・デ・ベマラのものより規模は小さいのですが、その代わり通常のツィンギーの他、色の異なるレッドツィンギーもあります。この両方を見るツアーを現地(ディエゴスアレス)旅行会社に組んでもらいました。

 初日はレッドツィンギー。首都アンタナナリヴからの飛行機が1時間半遅れましたが、この日の日程には余裕があったので問題なし。当初は、初日ツィンギー(アンカラナ特別保護区)、2日めレッドツィンギーという計画で依頼したのですが、旅行会社が出したプランはその逆。結果、これが正解でした。さすが、飛行機が良く遅れることも含め現地の状況を良く知っているようです。

 ディエゴスアレスからレッドツィンギーの入り口となる村までが1時間くらい。「国道6号線」なので幹線道路のはずなのですが・・・一応舗装道路なのですが、あり得ないくらいの凸凹。道路って整備しないとこんなに荒れちゃうものなのかと実感しました。
 村からレッドツィンギーまでは完全にオフロード。4WDでないと絶対行けませんし、雨季だったら4WDでも難しいんじゃないかと思うようなコースでした。
 ただ、それだけの道を行く価値ありました。長い時間をかけて形成されたものなのでしょうが、不思議な光景でした。ツィンギーの形状は針山地獄を思わせますが、色が赤いと更にそのイメージが強くなります。

 2日めはアンカラナ特別保護区へ。距離的にはディエゴスアレスの街から100kmくらいなのですが、やはり道路が荒れ放題なので4時間くらいかかりました。マダガスカルには魅力的な観光地がたくさんありますが、点在している上に道路状況は何処でもこんな感じのようなので移動がネックですね。
 こちらのツィンギーの色はグレー。石灰岩で出来ているそうです。色は地味ですがレッドツィンギーよりも規模が大きいので、また違った迫力がありました。こちらの方が固そうなイメージなので、上を歩いた時より痛いのはこちらの方かな?。もちろん歩きませんが・・・。
 ここの見どころはツィンギーだけでなく、コウモリの住む洞窟探検の他、キツネザルや鳥、カメレオン等の動物を見られる機会も多くあり、約5時間のハイキングを堪能しました。

レッドツィンギー

レッドツィンギー(1)
赤い峡谷


レッドツィンギー

レッドツィンギー(2)
谷の下部にはトゲトゲの岩


レッドツィンギー

レッドツィンギー(3)
トゲトゲ部分。針山地獄のよう(見たことありませんが・・・)


レッドツィンギー

レッドツィンギー(4)
鉄分を多く含んでそう。貧血に効く?


レッドツィンギー

レッドツィンギー(5)
近くで見るとそんなに尖っていないです(でも尖ってないのはここだけなのかも?)


レッドツィンギー

レッドツィンギー(6)
トゲトゲの上にも植物が・・・逞しい生命力です


ツィンギー

ツィンギー。石灰岩で出来ているそうです
(アンカラナ特別保護区)


ツィンギーの谷間に架かる吊り橋

ツィンギーの谷間に架かる吊り橋
(アンカラナ特別保護区)


ツィンギー

ツィンギー。別アングルからの眺め
(アンカラナ特別保護区)


謎の昆虫

謎の昆虫。トンボの仲間?
(アンカラナ特別保護区)


カンムリキツネザル

カンムリキツネザル
(アンカラナ特別保護区)


マダガスカルサンコウチョウ・雌

マダガスカルサンコウチョウ・雌
(アンカラナ特別保護区)


色鮮やかなヤモリ

色鮮やかなヤモリ
(アンカラナ特別保護区)


何かを飲み込んでいる最中のヘビ

何か(蛙?)を飲み込んでいる最中のヘビ
(アンカラナ特別保護区)


コウモリ洞窟入り口

コウモリ洞窟入り口
(アンカラナ特別保護区)


コウモリ洞窟内側からの眺め

コウモリ洞窟内側からの眺め
(アンカラナ特別保護区)


おびただしい数のコウモリ

おびただしい数のコウモリ。鳴き声と臭いが凄かったです
(アンカラナ特別保護区)


光る鍾乳石

コウモリ洞窟。光る鍾乳石
(アンカラナ特別保護区)

コメントはまだありません。

    コメントフォーム

    post date*

     日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: