任国外旅行 マダガスカル(2) ~ アンバー山国立公園、フランス山 ~

 アンカラナ特別保護区でツィンギーを見た翌日はアンバー山国立公園へ。こちらはディエゴスアレスの街から比較的近く車で1時間くらい。
 この辺りはマダガスカルでも最北端、南緯12度~13度に位置しているとあって気温が高く、6月であってもディエゴスアレスの街では半袖1枚で過ごせますが(私はマラリア対策で長袖着てましたが)、ここアンバー山は標高が高いこともあり街よりも10度くらい低いのだそうです。また、雨が多いこともあり、距離的にはさほど離れていないアンカラナ特別保護区とは植生もかなり異なるとのこと。緑豊かな森が広がっていて、快適なハイキングを楽しめました。
 もちろん、マダガスカルですから固有種の宝庫、珍しい動物・植物にもたくさん出会えました。
 
 その翌日、ディエゴスアレス周辺滞在の最終日(4日め)は、フランス山というディエゴスアレス湾を見渡せるスポットへ。こちらは山というよりも丘といった感じの所で、1時間程度で登れます。頂上付近には、19世紀にフランス軍によって築かれた砦の跡が残っています。頂上からの湾の眺めは抜群なので、きっと見張りにも適していたことでしょう。

緑あふれる森

緑あふれる森
(アンバー山国立公園)


マダガスカルヒメショウビン

マダガスカルヒメショウビン(カワセミの仲間)
ピンボケになってしまいましたが、この鳥に会えたのが一番嬉しかったです。
(アンバー山国立公園)


ハガタムラサキ

ハガタムラサキ
(アンバー山国立公園)


指乗りカメレオン(ヒメカメレオン)

指乗りカメレオン(ヒメカメレオン)
ガイドさんは世界最小って言ってましたが、最近近くの島で最小のカメレオンが発見されたらしいので、世界で2番め?
(アンバー山国立公園)


カメレオン

普通のカメレオンはマダガスカル中にいるので、発見しても「ああカメレオンね」って感覚になってしまいます(笑)
(アンバー山国立公園)


ファラノーク

ファラノーク(マングースの仲間)。結構レアな動物らしく、ガイドさんは興奮してましたが、私は鳥の方が・・・
(アンバー山国立公園)


ガジュマル

他の木に絡みつくように寄生するガジュマル
(アンバー山国立公園)


ガジュマル

寄生された木は朽ち果て、ガジュマルだけが残された状態
(アンバー山国立公園)


カムフラージュするヤモリ

カムフラージュするヤモリ。ガイドさんに言われてから、認識出来るまで3分位かかりました。答えは最後に
(アンバー山国立公園)


滝

滝。地元の方にとって神聖な存在なのだそうです
(アンバー山国立公園)


T字バオバブ

フランス山の麓付近に生えるT字バオバブ


フランス山・山頂から望むディエゴスアレス湾

フランス山・山頂から望むディエゴスアレス湾


ヌシ・ルンガ

ディエゴスアレス湾に浮かぶ島、ヌシ・ルンガ
神聖な島で、ここに入ることはタブーとされているそうです。


フランス山・山頂の砦跡

フランス山・山頂の砦跡


カムフラージュするヤモリ

カムフラージュするヤモリ【答】 (上の写真を横にして拡大)
(アンバー山国立公園)

コメントはまだありません。

    コメントフォーム

    post date*

     日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: