来月からしばらくの間、日本を離れることになり、絵画鑑賞の機会はあまりなさそうなので「今のうちにたくさん見ておかないと」との思いで東京都美術館で開催中の特別展「ポンピドゥー・センター傑作展」へ。

ポンピドゥー・センター傑作展 ちらし

ポンピドゥー・センター傑作展 ちらし


本展は1906年から1977年までに制作された作品を1年につき1品(終戦の年である1945年のみ作品なし)、それも全て別々の作家というユニークな企画。
ただ、その縛りが本展のスケールを小さくしてしまっているように思います。デュフィやシャガール、マティスなどの作品をもっと見たかったです。特にマティス。出品作の「大きな赤い室内」が素晴らしかっただけに、この1点だけというのが何とも惜しいです。
意外だったのはル・コルビュジエ作の絵画が出品されていたこと。建築だけではなかったのですねえ。隣の西洋美術館が世界遺産に内定とのことですので、その記念で急遽出品決定・・・なんてことはないですかね?
旗で飾られた通り

旗で飾られた通り
≪ラウル・デュフィ≫


エッフェル塔

エッフェル塔
≪ロベール・ドローネー≫


大きな赤い室内

大きな赤い室内
≪アンリ・マティス≫


30

30
≪ヴァシリー・カンディンスキー≫


ポンピドゥーというのはフランス大統領(ドゴールの後継)の名前だということを今回初めて知りました。知らないことが多過ぎる・・・。9月22日(木・祝)まで

コメント