11月23日から26日まで、『Global Expo Botswana』が開催されました。
 私の配属先(ボツワナ投資貿易センター)が主催する国内最大の見本市で今年で11回目、国内外200以上の企業・団体が出展しました。
 ただ、国内最大とはいっても産業が育っていないボツワナですから、日本のビッグサイトや幕張メッセで開催されるようなイベントには到底及びません。
 画期的な技術や商品を展示するブースは皆無に等しく、アピールしている物はどこにでもありそうなものばかり。見本市というよりも地方の商工会議所のフェアといった雰囲気で、来場者数もさほど多くはありませんでした。
 
 多分ボツワナに限らず、発展途上国はどこもこんな感じなのだろうと思います。1社あたりは数千円・数万円といった小規模であっても、多くの企業が海外に商品を売ることで、徐々にではあっても経済が発展していければ良いなあ・・・と感じています。

 私は配属先のブースで貿易諸手続きに関する情報提供をするWebサイトの紹介をしましたが、これから商品の輸出・輸入を考えている人々(多くは個人事業主)と会話をし、彼らのニーズを把握する良い機会となりました。

Global Expo Botswana

会場の様子。混雑と呼ぶには程遠い。

Global Expo Botswana

『Brand Botswana』に認定された商品を紹介するコーナー
国を代表するかのようなブランド名ですが、商品はジュース、ジャム、ガラス製品などいたって普通・・・

Global Expo Botswana

マラウィからも出展。ありがたいことです

Global Expo Botswana

カメラを向けたら、笑顔でポーズをとってくれました

Global Expo Botswana

会場の片隅ではファッションショーが開かれていました。盛り上がりは今ひとつ

Global Expo Botswana

私たちのブース。貿易手続きに関する情報提供をするWebサイトを紹介しました

コメント   

 ボツワナの典型的なお昼ご飯をご紹介。屋台で売られているランチボックスで、ディージョ(Dijo)と呼ばれています。

ランチの屋台

ランチの屋台

 主食から1品、肉料理を1品、野菜料理を3品くらい選んでプラスチックのケースに入れる形式で正方形のもの(下の写真)だと15プラ(約150円)くらい。これよりも大きい長方形ケースのものでも20プラ(約200円)程度です。ハンバーガーなどを買うと70プラ(約700円)くらいになってしまうので、リーズナブルな庶民の味方です。
主食は、パリッジ(トウモロコシの粉をお湯で溶いて練ったもの)、米(粒の長いインディカ米です)、パスタ、マドンビ(蒸しパン)、ディコベ(パリッジと豆を混ぜたような料理)などから選べます。肉はビーフシチュー系のものが多いですが、フライドチキンなどもあります。
 
 野菜料理は次の5種類でほぼ固定されています(どこの屋台でも一緒)。
  ・モロホ:ほうれん草などの青菜を煮込んだ料理。塩味でご飯に合う感じ
  ・チャカラカ:豆やにんじんのチリソース煮
  ・バターナッツ(カボチャの1種)を茹でたもの
  ・ビートルートの酢漬け
  ・コールスロー
 この中から3種類程度選ぶ形なので、日によって変えても大したバリエーションはありませんが、私の場合は肉食天国のボツワナにあって、いつも「肉無しの野菜全乗っけ」にしているので毎日同じになってしまいます(笑)。まあ、主食は変えられますし、主食をマトンビにする時には、パンにはあまり合わないチャカラカは選ばずにカボチャを多めにしたり・・・と気分を変えつつ、飽きないようにしています。
 たまにポテトサラダが出ると嬉しいです。

肉無し野菜全乗っけ

私にとっての定番「肉無し野菜全乗っけ」。変わり者扱いされてます

 トウモロコシ(メイズ)はおそらくアフリカで最も消費されている穀物で、ボツワナでも主食はパリッジ・・・と聞いていたのですが、屋台に並んでいる人々の志向を観察していると、どうも米の方が人気があるような気がします。まあ、自宅ではパリッジが基本なので、屋台では米を選んでいるのかもしれませんが。逆に、私はパリッジを選択することが多いです。「味がない」などという人もいるようですが、ほんのり甘くて美味しいですし、濃い味付けのチャカラカやモロホと良く合います。

パリッジ

左の白いのがパリッジ。アフリカでは定番のトウモロコシ粉(メイズ)をお湯で溶いて練ったもの。
シマ(ザンビア)、サザ(ジンバブエ)、ポショ(ウガンダ)、ウガリ(ケニア)など国によって呼び名が変わります。

コメント