ボツワナは「黄熱に感染する危険のある国」には含まれていないので、日本-ボツワナ間の往復にはイエローカード(黄熱予防接種証明書)は不要です。ただ、アフリカには予防接種推奨国がいくつもあるので、今後それらの国へ渡航することを考えると、イエローカードを取得しておいた方が無難です。ボツワナでも黄熱の予防接種を受けられるとの話を聞いて、休暇期間中に受けてきました。

 黄熱予防接種を実施している病院は多くないので(日本も同様ですが)、教えてもらった情報を頼りにまずはハボロネ中心部にあるPrincess Marina Hospitalへ。でも、大きな病院でどこへ行ったらいいのか良く分かりません・・・いくつか尋ね回った末に案内されたのは何故か会計窓口。ここでは黄熱の予防接種は受けられないようで、料金(28.2プラ=約300円)だけを支払い。この病院はワクチンの管理をしている受付センターのような所なのかシステムが良く分かりません。どこなら受けられるのかを聞いたら「Village Clinicが近いよ」とのことなので、そのVillage Clinicへ。
 コンビ(ミニバス)を利用すれば早いのですが、路線が良く分からないのでPrincess Marina Hospitalから歩きました(徒歩30分程)。Village Clinicには10時くらいに到着しましたが、黄熱予防接種は14時からとのこと。その間、他の場所へ行ったりして時間を潰しました。
 そして14時にVillage Clinicを再訪すると、既に結構な人数の来訪者。この時間帯は「黄熱予防接種アワー」のようで全員が私と同じ目的での来院でした。1時間くらい待ちましたが外国人の私でも問題なくワクチン接種・イエローカード取得出来ました。

 受付1箇所で受けられないので時間がかかって面倒ですが、日本なら1万円以上する黄熱の予防接種を300円程度で受けられるというのは破格の安さです。

追記(2017.7)
 他の隊員さんの情報によると、この予防接種をVillage Clinicで受けられるのは月曜日と金曜日だけだそうです。しかもワクチンの在庫がなくて受けられないこともあるようで・・・。たまたま受けに行った日が月曜日で、ワクチン在庫があった私はラッキーだったようです。

Princess Marina Hospital

Princess Marina Hospital
病院が混むのは日本だけではないようで、患者さんで溢れかえるような様子でした。

黄熱予防接種の領収書

料金は28.2プラ(約300円)。破格の安さです

Village Clinic

Village Clinic
病院というより保健所といった雰囲気

Village Clinic

取得したイエローカード。昨年から1回接種すれば生涯有効となりましたが、何故か有効期限10年(変更前の期間)になっています。多分、変更されたことを担当者が知らないのだと思います。のんびりした国ですから・・・

コメント   

 ボツワナを含む南部アフリカ地域の伝統的食材の1つとして「モパネワーム(Mopane Worm)」があります。モパネという木に多くいることから名づけられたそうで、蛾の幼虫です。通称はパニ(Pani)、多分モパネの「パネ」が訛ったものではないかと思われます。

 採ってきた幼虫の内臓をとって乾燥させると数ヶ月は保存が効くので、古くから貴重なタンパク源として、ごく当たり前のフードとして(決してゲテモノではなく)食されています。とはいっても、現代では普通に肉類が流通していますので、一部地域を除けば日常的な食材ではなく、「季節もの」の位置づけです。
 今(1月)がちょうどその季節で、スーパーには売っていませんが(今の所、まだ見かけていません)、露店等で手に入るようです。

 日本でも長野県の一部地域ではザザムシ(オケラの幼虫)を食べる習慣が残っているようですが、イモムシを食べるというのは少なからず抵抗があります。さらに私の場合は、イモムシの見た目が苦手でニョッキですらアウトなくらいなので、かなりハードルの高い食べ物です。でも、「ボツワナに赴任した以上、一度は試さなければ!」と半ば義務のように感じていました。

 そして先日、同僚が入手してきてくれたのでチャレンジ! 目を瞑って食べました・・・味は煮干しに似ています。ただ、妙な後味が残るのが気になって仕方がありません。煮干しだって後味が残りますが気にならないのですから、これは気持ちの問題なんだろうと思います。

 こちらの人は、これをそのままスナック的感覚で食べる他、水に戻してトマトソースで煮るなどの料理をして食することもあるそうなのですが、そちらの方は遠慮しておきます。私には無理です。一応、ミッションクリアということで・・・。

パニ

パニ

コメント   

 今回滞在したサニパス(Sani Pass)はドラケンスバーグ山脈にある峠の1つです。ドラケンスバーグとはアフリカーンス語で「竜の峰々」という意味だそうですが(英語のドラゴンに通じるのでイメージしやすい)、その名の通り荒々しい山容で、この山脈の尾根が南アフリカとレソトの国境となっています。また、当山脈周辺のマロティ・ドラケンスバーグ公園は世界遺産に登録されています。

 滞在初日に登ったタバナ・ヌトレニャナ山もこの山脈中にありますが、主稜からはやや外れているためドラケンスバーグ特有の険しい山々や絶壁の景色はあまり見られません。そこで2日目、3日目は、サニパス周辺でそんな景色が見られる所を散策しました。絶壁に沿って歩いてみたり、尾根を登って眺めを楽しんだり。タバナ・ヌトレニャナ登山の疲れが残っていたので午前中のみの散策で午後は宿でのんびりしていました。この時期は雨季に当たるようで、両日とも午前は晴れていても午後からは雨になったので、遠出をしなくて正解・・・というよりも初日にタバナ・ヌトレニャナ山に登っておいて本当に良かったです。

 4泊したサニパスでの滞在を終え、相乗りタクシーで麓のモコトロンへ(100マロチ=約850円)。モコトロン着は11時過ぎ。もうマセル行きのバスは出てしまっているので、ここに宿泊しようかと思ったのですが、天気が良くなかったので「それなら行けるところまでいってしまおう」とButha Buthe(マセル―モコトロンの中間に位置するレソト第2の都市。)行きのミニバスに搭乗。行きに乗った大型バスと違い、ミニバスは飛ばしまくりで怖い!しかも、スピードの出し過ぎが原因かは分かりませんが、途中で「何だか煙臭いなあ」と思ったらどうやら故障したようで・・・後輪の車軸から煙が出てストップしてしまいました。運転手は修理を試みていましたが、結局直せず1時間以上待った後に代替の車が到着して乗り換え。安全運転で走っていた方が到着早かったんじゃないの? まあ、この手のトラブルはアフリカでは日常茶飯事、事故にならなくて良かったです。Butha Butheからは2台のミニバスを乗り継いで、夜8時過ぎにマセルに到着。

 サニパスは本当に景色が良い所でしたが、移動に時間がかかるのが難点。ドラケンスバーグの見どころは南アフリカ側に多いみたいなので、本当はダーバン側からアクセスしたかったです。JICA隊員の南アフリカ渡航禁止規定さえなければ・・・。

レソトの伝統的住居

レソトの伝統的住居。農村部ではたくさん見かけました。


ドラケンスバーグ山脈の絶壁

ドラケンスバーグ山脈の絶壁


谷を挟んだこちら側もやはり絶壁です

谷を挟んだこちら側もやはり絶壁です


なぜか絶壁に佇むヤギたち

なぜか絶壁に佇むヤギたち


草を食む牛たち

草を食む牛たち


シュバシコウ

シュバシコウ。コウノトリの一種のようです


Hodgeson's Peak (North)

Hodgeson's Peak (North)に登ってみました。3,251m


Hodgeson's Peak North山頂からの眺望(1)

Hodgeson's Peak (North) 山頂からの眺望(1)


Hodgeson's Peak North山頂からの眺望(2)

Hodgeson's Peak (North) 山頂からの眺望(2)


Hodgeson's Peak North山頂からの眺望(3)

Hodgeson's Peak (North) 山頂からの眺望(3) 本当は写真左のHodgeson's Peak (South)にも登りたかったのですが(標高3,256mなのでNorthよりも5mだけ高い)、向かう途中で馬に乗った少し怖めの羊飼い2名に追われた関係で断念。逃げ場の無さそうな形状なので・・・。写真右側の山へ登り何とか逃げ切りました


帰りのミニバスの車窓から

帰りのミニバスの車窓から。レソトにはテーブルマウンテンのような丘がそこら中にあります


故障したミニバス

乗っていたミニバス。途中後輪車軸から煙が出てストップ。「アフリカあるある」でしょうか・・・


レソトのナンバープレート

レソトのナンバープレート。国旗にも採用されている伝統的な帽子「バソトハット」がデザインされています

コメント   

 サニパスには4泊することにしたので、終日行動出来る日は3日間。そのいずれかにタバナ・ヌトレニャナ山に登りたい。タバナ・ヌトレニャナ山は直接距離でもサニパスから片道13km近くあるので結構遠いです。しかも決められた道や標識があるわけではないのでガイドを雇うのが無難ですが(500マロチ=約4,300円)、前日に申し込まなければならないので当日の天気を見て判断出来ないのが難点。ドミトリーで部屋が一緒になったフランス人は「ガイドを雇わずGPSを頼りに登ったよ」と言っていたので、それも不可能ではなさそう・・・。

 そんな状況で迎えた初日。この数日胃腸の調子が悪く体調は今一歩でしたが、天気は快晴。「とりあえず途中まで様子見で行ってみよう」と、雨具などの装備を整えて出発しました。フランス人ハイカーが持っていたGPSには登山地図が入っているのか山頂までのコースが点線で書かれていましたが、私のGarminにはOSMデータを入れているだけなので、情報は目的地(タバナ・ヌトレニャナ山)の位置情報のみ。コースも途中の山容も分からないので「まずは目の前の山に登って見よう。そうすればタバナ・ヌトレニャナ山が見えるだろう」と直線的なルートを選択。

タバナ・ヌトレニャナ山までのルート

タバナ・ヌトレニャナ山までのルートは、このGPSの位置情報のみ

 「登った先は尾根づたいになっていてそのまま山頂まで行けるかな?」なんて淡い期待を抱いていたのですが、そんなに甘くはありませんでした。登った先の向こう側は谷になっていて同じくらいの高さを下る羽目に・・・。幸いなことに歩いているうちに体調は上向いてきたので、もう少し奥まで行ってみようと奥の山に登りますが、これが結構きつい! 

kniphofia

この山域各所で見かけた花。kniphofiaという南アフリカ原産の植物のようです。

 コースが分からないと高低差のロスが大きいルート取りとなってしまうのでハードです。また、想定外だったのが結構高い所でもそこら中に羊・ヤギがいること。一応、私も元羊飼いですから羊がいても全然問題ないのですが、羊がいるということは牧羊犬もいるわけで見知らぬ者(=私)が近づくと吠えまくって追ってきて無茶苦茶怖いんです! 犬を避けた迂回ルートを何度もとらざるを得ませんでした。羊飼いに会うのもまた厄介で・・・基本的には友好的で、犬が吠えるのも抑えてくれるのですが例外なく金品を求めてくる。まあ、要求に応える必要はないのですが、とにかく面倒なので接触を避けるため、遠くに見えるとこれまた迂回・・・かなりのロスになったと思います。

羊がいるのどかな風景です。牧羊犬さえいなければ

羊がいるのどかな風景です。牧羊犬さえいなければ・・・


標高3000ⅿ超でも草さえ生えていればそこに羊あり

標高3000ⅿ超でも、草が生えていればそこに羊あり

 出発から3時間半後、ようやくタバナ・ヌトレニャナ山が見えました。でも、まだはるか先・・・。もう引き返そうかなとも考えましたが、せっかくここまで来て戻るのも勿体ないし、天候も崩れる気配はないので続行することにしました。

タバナ・ヌトレニャナ山

ようやくタバナ・ヌトレニャナ山が見えました(写真中央)


タバナ・ヌトレニャナ山頂

タバナ・ヌトレニャナ山頂。「ここが山頂!」って感じがあまりしない山です。

 結局、休憩なしの歩き詰めで5時間超、往路にして既にクタクタでしたが何とかタバナ・ヌトレニャナ山頂に到着しました。最後の1kmくらい、頼みもしないのに羊飼いの少年2人がついてきましたが、「山頂で写真撮影頼めるからいいかな」と拒絶しませんでした。予想通りお金を要求してきましたが、20マロチ(約170円)で満足してくれたので撮影代と考えればまあOKでしょう。

タバナ・ヌトレニャナ山頂にて新旧羊飼いのツーショット

タバナ・ヌトレニャナ山頂にて新旧羊飼いのツーショット


山頂からの眺望

山頂からの眺望


毛布を着た羊飼い

この辺りの羊飼いは、ほぼ100%毛布を着用しています。夏でも朝晩は冷え込みとはいえ、さすがに昼は暑いと思うのですが・・・もはや着ているというより肌と一体化している感じ?

 復路は、往路の教訓を生かして高低差が少なくなるようなルートを心掛けたのですが、それでもなおハードで、牧羊犬回避ロスや疲れも相まってやはり5時間くらいかかりました。
 天気が1日もってくれたのはラッキーでした。この翌日、翌々日はいずれも午前中は快晴でも午後は雷雨となったので、この日に登っておいて良かったです。

午後になってもこの青空。天候に恵まれました

午後になってもこの青空。天候に恵まれました

 GPSのみで行った私が言うのもなんですが、ルート選択や牧羊犬・羊飼い対策、気候の変わりやすさ等を考慮すると、タバナ・ヌトレニャナ登山にはガイドを雇った方が絶対に良いです。

今回の山行ルート

今回の山行ルート。ハイキング地図(宿に置いてあるのを登山後に発見)によれば、もっと左(西)側から回り込むようなルートをとれば、標高差も少なく楽だった模様


標高グラフ

標高グラフ。距離30km超で累積標高差2000m以上・・・そりゃあ、疲れるはず!

コメント   

 JICAボランティアには「私事目的任国外旅行制度」というものがあり、1年のうち20日間まで受入国以外へ旅行することが出来ます(もちろん自費です)。

 青年海外協力隊の場合は受入国毎にそれぞれ行ける国が定められていて、ボツワナの場合はケニア、マラウイ、南アフリカ、ザンビア、ジンバブエの5か国のみ。しかも、ケニアは2013年に発生したテロ事件以降渡航禁止、南アフリカも治安上の理由によりケープタウンのみ渡航可能となっているので、行ける国はかなり限られます。
 私はシニア海外ボランティアなので渡航可能国の縛りはありませんが、渡航禁止国の規定は青年海外協力隊と同じなので上述のケニアや南アフリカ(ケープタウンを除く)には行けません。

 任地のボツワナですら、まだ一部にしか行っていない状況ではありますが、せっかくアフリカに滞在しているのだから、この機会に周辺の国を訪問してみたい・・・ということでクリスマス休暇を利用して初の任国外旅行、行き先はレソト!

 レソトは周囲を南アフリカ1国に囲まれています(包領というそうです)。「南アフリカが渡航禁止なので、その中にすっぽり入るレソトもダメかな?」と思いつつもJICAに申請したところ、渡航許可が下りました。

レソトの位置

レソトの位置。周囲360度を南アフリカ1国に囲まれています


 ボツワナもレソトも同じ内陸国。出国から半年近く、海鮮料理が恋しくなるこの時期にわざわざ同じ内陸国のレソトを選んだ理由は・・・「山」です。レソトにはボツワナにはない山がある。アフリカ南部の最高峰タバナ・ヌトレニャナ山(3482m)を登るのが目的です。
 
 レソトへのアクセスですが、ボツワナからの直行便はないので、ハボロネからヨハネスブルグで乗り継いで首都マセルへ。まあ、ボツワナから他国へ渡航する場合は大概ヨハネスブルグ経由になりますから、それ自体は特に不便というわけではありません。
 ただ、タバナ・ヌトレニャナ山を目指す場合はサニパスという国境の地がベースとなるのですが、ここまで行くにはマセルからよりも南アフリカのダーバンからのアクセスの方が良いのに、「南アフリカが渡航禁止」というルールがある以上、マセル経由で行かざるを得ない・・・というのが何とももどかしい。
モショエショエ1世国際空港

マセルのモショエショエ1世国際空港。「世界で1番地味な首都の空港」と紹介しているWebサイトも・・・タクシーすらいないとの情報もありましたが、私の到着時にはシャトルタクシーが来てました(街の中心まで100マロチ=約850円)。
ちなみにレソトの通貨ロチ(複数形:マロチ)は南アフリカのランドと等価で、ランドも普通に使えます。


Maqalika Scenery Guesthouse

マセルで宿泊した宿「Maqalika Scenery Guesthouse」の部屋。1泊朝食付きで5000円くらい。スタッフがとても気さくで居心地が良く、帰りもここに泊まりました。バス・タクシー乗り場から徒歩20分ほど


 
 マセルで1泊して、翌日早朝発のモコトロン(サニパスの麓の街)行きのバスに乗ったのですが、クリスマスのせいか故郷へ帰省する乗客が多く激混み。人や荷物で通路まで完全に塞がっていて完全に過積載の状態です。
バス待ちの行列

モコトロン行きのバス。出発時刻は6時、6時半、7時など訊く人によって異なります。余裕をもって5時半に到着したのに、既に凄い列。多数の乗客と大量の荷物で搭乗に時間がかかり、結局出発したのは7時過ぎ。出発時刻の情報がまちまちだったのも、あながち間違いではないようです。


 モコトロンまでの道は「国道1号線」なのでレソトのメインルートといって良いのですが、途中3200m超の峠を越えるなど山道ばかり。「途中下り坂で制御が効かなくなったりしないだろうか?」なんて心配もしましたが、運転手さんは慎重過ぎるほど速度を落とす安全運転でした。ただし、その分所要時間は長くなりますし、途中のバス停やトイレ休憩などでも通路の荷物を全て降ろさないと乗降出来ないので、とにかく時間がかかりモコトロンまで10時間弱。その間、ろくに身動きも出来ない状態だったので疲れました。
トイレ休憩

途中、川のある所でトイレ休憩


 モコトロンからサニパスへはミニバスが走っていますが、これは朝しかないようなので当初はモコトロンに1泊する予定でした。でも天気予報を見ると翌日が一番良さそう。「それならば、この日のうちにサニパスに到着してしまおう」とタクシーを使うことにしました。交渉して6000マロチ(約5000円)、ちょっと高かったですが山登りに一番重要なのは天気・・・結果、この選択は成功でした(詳細は次回記載)。
サニパス国境ゲート

サニパス国境レソト側の出国ゲート。向こうは南アフリカ・・・ビザは不要ですが、うっかり出国してしまうとJICAにこっぴどく叱られてしまう(南アフリカは渡航禁止)ので要注意!


 宿泊先はサニパスのレソト側にある唯一(多分)の宿Sani Mountain Lodge。普通の部屋はお高いのでバックパッカー用施設のドミトリーを利用しました(1泊275マロチ=約2300円)。バックパッカー用施設はロッジとは少し離れていますが徒歩圏内。宿泊棟と共用棟の2棟構成で共用棟にはトイレ・シャワー・キッチンがあります。キッチンのコンロはガス式ですが、着火するにはマッチかライターが必要。マッチは近所のショップに売ってます。ショップでは缶詰、パスタなど最低限の食料も手に入ります。食器や鍋はありますが、備え付けの調味料はありません。冷蔵庫はありますが発電機が動いている時間(夜の数時間のみ)しか作動しません。まあ、涼しい所なので大きな問題はありませんが・・・。
Sani Mountain Lodge バックパッカー用施設

宿泊したSani Mountain Lodgeのバックパッカー用施設。左が宿泊棟、右が共用棟(トイレ・シャワー・キッチン)


ドミトリーの部屋

私の宿泊したドミトリーの1室。6人用


Sani Mountain Lodge本館

Sani Mountain Lodge本館。バックパッカー用施設とは少し離れた所にあり、当然の如くこちらの方が眺めが良い。そんなに差別化しないでバックパッカー用施設も隣に建ててくれればいいのに・・・

コメント